2014/9/4

ショベルヘッド腰上  SHOVEL

シリンダー周りの作業。

クリックすると元のサイズで表示します


ボーリングしてリングの合口寸法やシリンダーとのクリアランスを確認して出荷です。

クリックすると元のサイズで表示します


今回はボーリングとピストン代金で31000円(税抜)で終了です。

ひさしぶりのネタとして登場。ショベルヘッド腰上オーバーホール編です。ヘッド周りは定番のガイド入れ替え+シートカット作業です。

クリックすると元のサイズで表示します
まずはガタガタになったガイドの抜き取り。

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドのツバの下にオーリングが入るタイプが入れられてましたけどガイドの内径が摩耗してしまってます。

どんだけしばいたんですかと言いたくなる痕跡がありましたけど・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


下穴の健全な部分がまだしっかり残っていたので下手に触らないほうがよいです。きちんと予熱しておいて適正なハンマー(大ハンマー禁止)でやさしく追い込んで行けば抜けるのが普通で抜けなければガイドを削り取る方がよいかな。面倒だけど。

クリックすると元のサイズで表示します


製作したガイドを焼き嵌めしてバルブを仮に入れてみます。

クリックすると元のサイズで表示します


ここでバルブがバルブシートの当り面に対してほぼ当るくらいの仕上がりで済んでればガイドの製作作業、ガイド下穴リーマ合わせがうまくいった事が確認できます。

ここでダメならガイドを抜き取ってシートリングに合わせてガイド下穴をボーリングしないといけないので先が長くなりますけど。

今回はシートカット作業に進めます。

シートカットが済んだら今度はステムシールを組み付けするためにロアシートを追加加工します。

クリックすると元のサイズで表示します


普通に組むと右の高さになりますのでそれだとちょっとカムリフト時にリテーナとステムシールのリップが当たりそうで怖いです。

クリックすると元のサイズで表示します


正確にはバルブシートの沈みによってバルブの突出し量が多くなればリテーナーとシールリップの距離が取れます。突出し量(=バルブ沈み量)もハーレーの指定範囲がありますのでその辺も確認、調整しながらの作業です。

沈みすぎるとそれはそれで悪影響があるのですべてが適正範囲に収まるような按排です。

洗浄、組み立ての依頼があったので組み込んでヘッドは完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ