2014/9/20

エボ_ボーリング  HD EVO

ハーレーショップでも無いけどもVツインのエンジン加工は多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します


エボもそろそろ一度くらいは腰上をきちんと手入れをしたい年式になってます。

今回は純正ピストンの持ち込みでそのピストンに寸法を合わせます。

クリックすると元のサイズで表示します


純正ピストンはスカート側面にモリブデンコートがされていますが。

このコーティングが剥がれた状態の寸法で適正クリアランスにすべきなのか?

通常使用では剥がれないからこの状態の寸法で合わせば良いのかtaniは悩みます。

どうせならマイクロメーターを当てて測る部分だけ丸くコーティングをしないで欲しいな!

クリックすると元のサイズで表示します


「ピストンピンへの油の供給はこの切欠きで行うのか!」とか見てるのが楽しいね!
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ