2006/12/20

油モレのヘッド  ボーリング加工他

油モレのヘッドで以前画像を撮ってました。
クリックすると元のサイズで表示します直6の2枚ヘッドです。上側がプッシュロッドが入る部分ですがここから「外に油がでます。」という事です。

まずは1枚目のヘッドを削ります。

左上だけが削れません。ひねってます。




クリックすると元のサイズで表示します

もしかしたらウチの機械の方に問題があるといけないので2枚目は別の向きで取り付けて削ってみます。
やはりプッシュロッド側を画像でいうと下側にしても結果は一緒でした。

クリックすると元のサイズで表示します あたりませんね。やはりねじれてます
もうすこし追いこむと1枚目のヘッドと同じような状態になります。このねじれた状態でヘッドを組み立ててもやはりねじれは戻りません。ヘッドボルトも相当なトルクで締められてますが、このねじれを直せるほどのものではありませんからね。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘッドは下ろしたらまず研磨した方が後々トラブルが少ないのではと思います。

まあ研磨自体安くはありませんが、ヘッドガスケットをまた交換する手間とガスケット代を考えればチャラになる、またメリットはあるとは思いますが・・・。

ヘッド面を加工中の画像。この機械のおかげでご飯が食べられます。

クリックすると元のサイズで表示します



2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ