+tani〜♪

シリンダーボーリング、ヘッド面研磨(面研)、バルブシートカットなどのエンジン内燃機加工と趣味のバイク(GSX750Sカタナ)について書き記してます。

山口県の谷口自動車というエンジン修理屋の周りで起きる出来事が中心です。クルマ、バイク、トラックと色々なエンジン、部品(ピストンなど)に出会えます。

タイトルのプラス記号はみなさんのエンジンにプラスになればと考えて付けてます。

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tani
ぜひ動くようになった完調エンジンでこの博物館に来て欲しいですね。

日程はのんびり待ちます。
投稿者:多摩のサンダース軍曹
GPWですね。なかなか似合います。程度の良さそうなカーターのキャブがうらやましい。エンジン搬入に備えキャブフロートのヒビ割れをハンダで埋めたりしています。

日程を調整していますがなかなかうまくいきません。





投稿者:tani
そんな感じです。カムはスポッと入るので緩いくらいでしたので逆に心配です。

寸法を確認して必要なら硬質クロムメッキで軸を太くします。
投稿者:多摩のサンダース軍曹
谷口様
カムメタルより細いパイプ状治具でブロックに案内する。同時にメタルの引き込みはメタルの右側にあるメタルより大きいパイプで押し込んでいく。こんなイメージでしょうか?

この新しいメタルサイズに合わせてカムシャフトの当り面も研磨が必要なのでしょうか?
投稿者:tani
多摩のサンダース軍曹様

メタルには#30のオイルが塗ってあります。

部品が届くのが楽しみです。
投稿者:多摩のサンダース軍曹
谷口様
動画拝見しました。「良い感じの動き」とはコンロッドから手を離せば自重でポトンと自由落下するような感じでしょうか?

メタルにはエンジンオイルが付いている状態ですよね。

尚さっき運送屋さんのホームページを見たら部品が羽田に到着したようです。
投稿者:tani
作業はクランクの関係をやってます。ちょうど良いくらいに部品が入荷すると良いですね!
投稿者:多摩のサンダース軍曹
谷口様
作業がクランクシャフト周りに移ったのでしょうか。

例の部品ですがアメリカのエージェントの手元には来たみたいですが中国の春節で貨物便が今週末までキャンセルされたそうです。・・・本当かな??

週明けアメリカを出るそうですので来週末には日本に着くと思います。
投稿者:tani
多摩のサンダース軍曹さん、お待たせしてます。

部品が手に入るのはありがたいですよね〜。なんとか直せてしまうから!

また来週のお楽しみが増えました。
投稿者:多摩のサンダース軍曹
谷口様
いろいろお手数を掛けます。確かにアメリカンの部品はエンジンに限らず一手間掛けないと使えない事が多いです。

そうはいっても無いよりはましで、およそ75年前の車ですが今でもほぼすべての部品が手に入るのはさすがアメリカだと思います。

それにしてもこの車やエンジンを作ったエンジニア達は、まさか75年もたって、しかも敵国の日本人が修理して乗り回すとは考えもしなかったと思います。

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ