2017/4/20


オイルポンプ

クリックすると元のサイズで表示します


オイルポンプはまだカワサキから純正パーツは出るのですが・・・。

ギアを駆動するピンの径が違いこれまではギアも一緒に交換してましたがギアが廃版となってしまいました。

今回はストックしていた新品のギアで対応しましたがこれからはギアを追加加工して行くしかないかもです。

クリックすると元のサイズで表示します


今回はオーバーサイズ純正ピストンでボーリング依頼です。

クリックすると元のサイズで表示します


アイドラ―関係も新品で揃えます。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドガスケットはPAMS製を今回は使用しました。

クリックすると元のサイズで表示します


面研もほとんどしていないケースなのでバルタイのズレが無いはずなんですが念のため測定。

クリックすると元のサイズで表示します


アイドラはZ1ともZ1000MK2とも違うシンプルなタイプ。品番を調べるのに苦労しました。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンで計測した上死点だとポインターで合わすとこれくらい違います。カムチェーンを掛けるだけならこれでも良いのですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


この辺は正確に組みたいもんです。

Z750FXのエンジンオーバーホール依頼です。
クリックすると元のサイズで表示します




以前オーバーホールしたZ1−Rが好調、静粛な状態を維持しておりリピート依頼です。

ありがたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


分解して内部の確認。

走行距離は少ないのでギアなどの摩耗が無く良好な腰下でした。

ガイド入替シートカット、最少面研を済ませたヘッド。

クリックすると元のサイズで表示します


今回はエンジンの仕様上それほどポート形状やシートの当り面は攻めません。

クリックすると元のサイズで表示します


でもポートの入口付近をちょっと削っておしまいなんてのは性格上できませんのできちっと磨きました。

続く

腰下組立

ミッションも一旦バラバラにして確認。

クリックすると元のサイズで表示します


バスケット裏のスプリングは組んでしまうとみるのは困難なのでガタなどがないかも確認しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


Z2などのこの辺の部品の構成が違いますな。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


そんな感じでミッションを確認して次にクランク。

クリックすると元のサイズで表示します


フレも良好な数値です。

10



2017/4/11  10:57

投稿者:tani

しばさん、コメントありがとうございます。

定番すぎて記事にしないと最近Zのエンジンのオーバーホールはやってますか?って聞かれるのでネタ性は低いかもしれませんがアップしていきます。

2017/4/11  7:28

投稿者:しばさん

定番商品ですね!私も、腰下のオーバーホールをしたいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ