2018/2/11

Z1000MKU φ75  KAWASAKI

スリーブを圧入、ボーリング、面研まで終わったシリンダー。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンを仮に組んでピストントップの容積を測定。

使用するピストンはJBパワーピストンφ75。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


キットにはヘッドガスケット、ベースガスケットも付属しますが使うかどうかはヘッド側の容積次第です。

クリックすると元のサイズで表示します


総費用は265,000円(税抜)。高額な加工ですが組んだのちに乗ったら納得できるパワーです。

(内訳)シリンダーバレルボーリング、スリーブ入替(面加工含む)、ボーリング、ケースボーリングで116千円。特注スリーブ34千円(4本)、JBピストンキット115千円

費用については現時点での価格ですので仕入などの変動があります。

スリーブ入替を行う際にまず行うのはシリンダーの下面の平行だしです。

クリックすると元のサイズで表示します


最低限で行う場合と今回はある程度の圧縮比調整のため0.5ミリほど削り込みました。

スリーブが入る部分をφ76からφ80.4まで拡大ボーリング。

最後にツバの当る部分を今回は錆びなどで当り面がデコボコなので面加工しておきました。

クリックすると元のサイズで表示します


ケースボーリングする際にシリンダーを仮に組んでその加工した穴を基準にケース側をボーリングしていきます。

クリックすると元のサイズで表示します


仮組して芯出ししてばらしてから加工。そして次の気筒を加工する時も仮組&加工と手間は掛かりますが必要以上にケース側を拡大したくないので作業の手は抜けません。

クリックすると元のサイズで表示します
18
タグ: Z1 Z2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ