GSX用テンショナ―  GSX1100S

地味な記事ですがテンショナ―のリビルト作業記事。

クリックすると元のサイズで表示します


新品も良い値段となってしまってますが!使える物は良い状態に戻したい性格なもので・・・。

ナットなどを再クロメート(今回は白色で)やボディをシルバー色にガンコートなどをしながらこぎれいにしていきます。

クリックすると元のサイズで表示します


今回テンショナーロッドが飛び出さないように規制するスクリューが緩める時にダメになったので新品を購入すると形状がちょっと変わってました。

オーリングの下側がロッド側となります。




セットするとこんな感じに付くので問題無しです。

クリックすると元のサイズで表示します


この位置でテンショナ―ロッドが飛び出さないようロックできてます。実際にエンジンに組み付ける時には少し緩めた状態に戻してスクリューをナットで固定します。

このスクリューはテンショナ―ロッドにある抜け止め部分に一致していればよいのでカムチェーンテンションの調整には必要無いです。組み付け時と取り外し時に必要ですどね!
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ