2018/7/24

CB750FOUR  ボーリング moto

ヘッド関係の加工

最少面研とシートカット。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


できるだけ加工しないのが一番?必要な量だけ削らないと後で困りますので!

シリンダー関係はリプロピストンを使ったボーリング+面研。

クリックすると元のサイズで表示します


今回はオーバーサイズ0.50ミリを選びましたがギリギリ加工できるくらいの状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します


闇矢屋さんのパーツも取り寄せ可能ですのでピストンはシリンダーの現品をこちらに送ってもらってからオーバーサイズのピストンを注文する方が良いです。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンリングも国産。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンも国産ですので安心かと。



オーナーさんからのチェック依頼。

クリックすると元のサイズで表示します
このような腐食が有る場合、ホーニングしてもダメです。

クリックすると元のサイズで表示します


中古のピストンに新品のリングを入れる事ではうまく行きそうもありません。

バルブの摺合せをやり過ぎたかもと心配されていましたが!

クリックすると元のサイズで表示します


やり過ぎです。

クリックすると元のサイズで表示します


手でひっかかりが有るのが分かるくらいに凹ませてはいけません。

ただ心配になったので一時作業を止めて振り返るのはすごく大事だと思います。「大丈夫だろう。」というなんとなくの感覚で進めていってロクな結果にはなりませんので!

9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ