2018/9/18

Z400FX オーバーホール  KAWASAKI

訳ありで修理中のZ400FXのエンジン。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


やっと良いシリンダーが手に入り作業が進み始めました。

ボーリング、シートカットなど最低限必要な加工は全ておこないます。 

クリックすると元のサイズで表示します


作業の最終段階のバルタイ計測中。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


手は抜けません


クランクケースの刻印が削れていたり破損が有ったりと当初のケースが使えずオークションで良い状態のケースを手に入れる事から始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーをブラストしていくとまたミラクル発生。右往左往しながら修理の方向性がやっと決まる(汗)

オーナーは自分からみても相当若いのだが「Z400FXに乗りたい!」と買ったに違いない。

そう思うと「止めた方が良い。」と自分が余計な事をしったかぶって言う必要もないし、「しっかり整備して乗れば良い。」と手伝いをすればOKだと思う。

ただなんか動くようにして高く売ってしまえ的なのは困るけどね。

修理代金も安くは無いのだがオーナーさんにはしっかり仕事をしてもらい資金を作ってもらいます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
14
タグ: Z1 Z2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ