2019/12/13

CBX1000_JBPOWER  ボーリング moto

CBX1000のエンジン組み立ても終盤戦。

クリックすると元のサイズで表示します


アウターシムタイプのバルブクリアランスの調整も結構時間が掛ります。

クリックすると元のサイズで表示します


国内では手に入らないシムをオランダからネットで購入したり・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


なんだかんだと有りましたが完成。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


再クロムメッキ処理したボルトも光ってくれてます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


廃番となればクロムメッキしてでも綺麗にしたいもんです。

ジェネレータのブラシが摩耗しているのを交換したり地味にエンジンとは直接関係無い気もしますが?

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


見て見ないふりはできませんので。

クリックすると元のサイズで表示します


完成の雄姿を見ながら乾杯です。



CBX1000のオーバーホールはまだまだ続いてます。

クリックすると元のサイズで表示します


長くそして座りが悪いエンジンなので架台を作成。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーを組み付けた後にクランクケースの組み立てをしています。

ミッションは分解確認後にオカノブラストさんでWPC+タフラット加工。

クリックすると元のサイズで表示します


シフトフォークもドラムも処理してます。

クリックすると元のサイズで表示します


プラマリーチェーンはジェイズ製。プライマリーシャフトやギアもWPC処理。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


つづく
CBX1000オーバーホール作業。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


とにかく長い、多いという形容詞が付きます。

ガイド交換+シートカット+面研。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンはBITO製。

クリックすると元のサイズで表示します


圧縮が高くならないように最終的に調整が必要そう。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンボスの裏を加工で逃がしたりと手間が掛ってますね!

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱり長い・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


これ以上長くなるとウチの乾燥炉には入りきらない。なんとか斜めにして幅を稼いでます。

ピストンを組む前に必要な容積測定。

クリックすると元のサイズで表示します


なんとなく成り行きで加工して組むのときちんと狙って組むのでは結果に違いが出ますよね。

クランクケースは無事斜めしなくても乾燥炉に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します


入らないからストーブで簡易的に乾燥させるなんてダサい事はしないです。

クリックすると元のサイズで表示します


メタル合わせをしている時に気が付きましたがコンロッドが曲がってました(汗)

海外のサイトで見つかったのでなんとか先に進めますが純正が手に入らないというのは困りますね!

15



2019/12/24  0:07

投稿者:tani

威風堂々という言葉が当てはまるエンジンですね。ロック3杯では終わらないかも(笑)

2019/12/22  15:46

投稿者:seino

taniさん、こんにちは!

CBXは、エンジン単体でも立派な芸術品ですね!

これを肴に芋焼酎のロック3杯はいけますね!(^^)!

2019/10/22  8:29

投稿者:tani

seinoさん、コメントありがとう。

この乾燥炉が無いときちんとガンコートの塗料に合わせた焼付ができませんので。

2019/10/19  11:14

投稿者:seino

taniさん、こんにちは!

これだけ長いと、歪みも大きそうですね!

これが入る電気炉を持っている事も凄いけど(;^_^A

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ