2020/1/10

ダイヤモンドライクカーボンコーティング  バイク

ピストンピンへの施工例。

クリックすると元のサイズで表示します


WPC処理をしたのちにダイアモンドライクカーボンコーティングを施工。

クリックすると元のサイズで表示します


採用理由は・・・?


カワサキZ2用なのでコンロッドにダメージを出したくないからです。

ちなみに施工元の不二WPCさんのHPによると以下の説明があります。ご参考に。

Diamond-Like Carbonの略で、金属表面にナノレベルの薄膜をつくることで、従来にない低摩耗係数の表面にすることができる技術です。
DLC(Diamond-Like Carbon)コーティングは 、低摩耗抵抗性(高硬度)、低摩擦係数、耐凝着性、赤外線透過性、デザイン性、生体親和性、ガスバリア性、耐腐食性など様々な機能を持っています。
5



2020/4/26  8:00

投稿者:tani

3万キロくらい走っても摩耗していないと聞いてます。

2020/4/26  7:51

投稿者:しばさん

比べる事は、難しいかと思いますが、何万キロくらい、もつものなんでしょう?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ