2020/8/7

Z1000MK2  KAWASAKI

バルブ関係はオーナーの要望でPAMS製。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


カムスプロケもAPE製なので当然パルタイはきちんと出します。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドを組めばエンジンとしての完成形が見えてきます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドカバーの取付ボルトはテーパー加工のボルトにします。この辺の好みはあるかとは思いますが?

クリックすると元のサイズで表示します


じっくりと作業中。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


マイバイクは暑さを避けながらあちこち涼しい場所に移動させてます。

梅雨明けまじかで超熱い。

クリックすると元のサイズで表示します


お騒がせしたギアは取引先のショップに無理を言って探してもらいなんとか問題を回避。

クリックすると元のサイズで表示します


忘れ物は無いかなと記録撮影。

クリックすると元のサイズで表示します


シフト周りはZTなどとは違う構造。ニュートラルの位置は右側のレバー状のパーツで行います。

クリックすると元のサイズで表示します


クラッチはPAMS製でリフレッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します


ケースボーリングでΦ73のボアにきちんと対応してます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ