2020/10/22

Z1000R  バイク

塗装が仕上がれば腰下の組み立てに入ります。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


スプロケ横に付くベアリングは純正品番では廃盤になってましたが他の車種で調べると有りました。

クリックすると元のサイズで表示します


オイルポンプは悪くないのでそのまま使います。

クリックすると元のサイズで表示します


スタータークラッチは純正新品がまだ手に入るので迷わず交換。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンはΦ75からΦ72へボアダウン。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドはカムホルダーを抑えるボルトが折れこんでさらに絞めすぎでボス形状が割れていたので溶接補修+リコイル加工。

クリックすると元のサイズで表示します


1か所だけで済むかと思い他を見るとほぼ全滅・・・。フライス盤で地味にリコイルすること20か所。

クリックすると元のサイズで表示します


ガイド入れ替えとシートカットは順調に済んでブラスト後にガンコート塗装。

クリックすると元のサイズで表示します


カムホルダーの穴をふさぐボスも欠けていたのでここも溶接+リコイル加工。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーはスリーブを製作して再生します。

クリックすると元のサイズで表示します


ガスケットはBITO製。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブクリアランスを確認したりしてヘッドを組付け。

クリックすると元のサイズで表示します


この辺は順調です。



クリックすると元のサイズで表示します


接着剤では付かないよね〜。溶接で圧入部分と平面を確保してから製作ボスを圧入。

クリックすると元のサイズで表示します


このシフト用のシャフトを転倒などで衝撃が入り壊れるんです。

クリックすると元のサイズで表示します


ボスはミッション側には抜けないように段付きにしてあり抜ける事は無いのでご安心を。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ