2020/12/10

Z400FX_オーバーホール  バイク



今回オーバーホールするエンジンは実働状態で持ち込まれたので自分も試乗しましたがあまり調子が良いとは思えませんでした。まずは分解して確認。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2番シリンダーがオイル上がりの症状を示してます。しかし他の気筒でも?な現象が!

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンが割れてます。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ケースに塗られた液体ガスケットが凄く効いていてケースが割れないので自作?セパレータで割ります。

おきまりのプライマリーチェーンはこれだけ伸びてます。

クリックすると元のサイズで表示します


腰下を割ったらケースボーリングから始めます。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーもバレル部分をボーリング。

クリックすると元のサイズで表示します


クランクシャフト関係もメタル交換+プラスチゲージでクリアランス確認。

クリックすると元のサイズで表示します

組み上がった腰下。塗装もガンコート塗装し直しました。

クリックすると元のサイズで表示します


Z400FXを550化する時にこのプライマリーギアとクラッチバスケットも550用を使います。400のままだと最終減速比をリアスプロケットですべて調整しないといけないからです。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


程度の良い物を探さないといけないのが旧車の悩みです。

クリックすると元のサイズで表示します


今回は最初からワイセコ製ピストンを使う予定ですべてを詰めてきてます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドを載せるとエンジンの感じが出てきます。

クリックすると元のサイズで表示します


バルタイをきちんと出すためにフライスで長穴加工。

クリックすると元のサイズで表示します


バルタイを取ったりプラグコードの取り合いを調整したりと細かい仕上げ。

クリックすると元のサイズで表示します


お得意?のステンレスボルトの頭もすべて加工。
クリックすると元のサイズで表示します


taniが組んだなと思われるエンジンの仕上がりになったかな?
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ