2021/2/11

KLX650Rスリーブ製作  ボーリング moto

このモデルはアルミシリンダーにメッキがされているのですが腐食してしまいオイル消費と白煙の問題が出ているという事での修理依頼。

クリックすると元のサイズで表示します


スリーブを特注して対応。

ガスケットとのあたり面を確保するためツバを受ける形状を削ります。

クリックすると元のサイズで表示します


焼き嵌めして上面研磨、ボーリングまで完了。ここまで進むと違和感はありませんがスリーブの肉厚を確保しすぎるとシリンダーの剛性が無くなったり水穴との距離が近くなりすぎるので結構色々考えました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


シートのあたり面は虫食いが酷いのでシートカットします。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドを載せたらほぼ完成。

クリックすると元のサイズで表示します
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ