2021/11/2

W1_ノーマルボア再生  ボーリング moto

W1と同時に依頼されたメグロSG250。スリーブを製作してスタンダードピストンの径に合わせて再生です。

クリックすると元のサイズで表示します

スリーブの入る穴を加工して圧入、上面加工とボーリング。

クリックすると元のサイズで表示します


スカート部分を見るとスリーブが入っている事が分かります。

クリックすると元のサイズで表示します


1本単位で加工に応じてくれる司産業さんには助けられてます。

続いてW1の作業。

作業が終わるとなんの違和感もありませんが?

クリックすると元のサイズで表示します


持ち込まれたシフトアップ製鋳鉄スリーブを入れる加工依頼でした。



スカート部分は元の部分が残るような寸法でしたがペラペラになるのでのちに割れてしまうくらいなら切り落とした方が良いと思い取り除きました。

クリックすると元のサイズで表示します


スリーブ単体でも十分な肉厚なのでこちらの方がすっきりしているかもしれません。

シリンダーをスリーブに合わせてボーリング、ツバ加工、圧入、上面研磨、ボーリングと作業を行いましたが今後はしっかり動いてくれるはずです。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ