+tani〜♪

シリンダーボーリング、ヘッド面研磨(面研)、バルブシートカットなどのエンジン内燃機加工と趣味のバイク(GSX750Sカタナ)について書き記してます。

山口県の谷口自動車というエンジン修理屋の周りで起きる出来事が中心です。クルマ、バイク、トラックと色々なエンジン、部品(ピストンなど)に出会えます。

タイトルのプラス記号はみなさんのエンジンにプラスになればと考えて付けてます。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tani
EER34さん、おはようございます。

そうですね〜、自分ならあぶりながらインパクトドライバーでしばきます。しばきながらWD40とはハイルーセン(ドライブジョイ製)を入れてみます。

ネジがアルミと腐食してくっついた状態ですのでちょっと動けばいいんですがね。

それでも取れないならボルトを溶接して取りますね。

取らずに済むなら取らないのも手ですよ。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick
投稿者:EER34
こんばんは、緑色の針金・・・自分の職場で使ってる針金も全く同じものです(笑)
PPバンドの件、今度使わせてもらいます。

来週は同僚の'90 1100刀のユーザー車検に行ってきます。バイク通勤に使うそうです。昨日はタイヤ交換ついでにホイール磨きたいってんで仕事が終わってから職場で前後タイヤをホイールから外して持って返らせました。
車体は職場の駐輪場に前はエンジン下にジャッキ2台、後ろにレーシングスタンドで地震が着たら終わり状態で放置です(怖いので一応ハンドル左右から支柱にタイダウンで張ってます)
もう2年も放置してるのでtaniさんの刀のように輝いてません。これから少しずつ磨いていくそうです。
フロントのブレーキディスクのボルトが皿ボルトでの5mm六角レンチで外すタイプだったんですけどインパクト使っても1個も取れませんでした・・・パイプかまして大トルク掛けたらもう舐めそうです。ハンマー当てて大概くらしたんですけどだめですね(くらす=こっちの方言で殴ることです)WD40漬けにしたけど多分無理でしょう。あとは炙るしかないのでしょうか?内燃機屋さんはこういうの詳しいかな〜と思いまして・・・良き知恵を預かれれば有難いです。
頭が出てるタイプならレンチ+ロッキングプライヤーで大概は取れるんですけどね。皿は辛いっす。。。
投稿者:tani
EER34さん、おひさしぶりですね!

この工具の良いところは自分の親指の太さに合わせて作ると非常に感じがいいですよ。

この針金は緑色のカバーが付いた針金ですが、カバーが無いほうがやりやすいです。

現場で作ったのでミドリ色の針金しかなかったからです。

あとボア径の小さいピストンの場合、PPバンドを使ってリングを縮めてピストンをシリンダーに入れるというテクもあるそうです。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick
投稿者:EER34
ごぶさたしてます。
これも立派な特殊工具ですね。すごい!!
私もパクらせてもらいます。

それにしてもΦ200のリングって・・・まだまだ未知の世界です。
投稿者:tani
wadaさん、みなさん、おはようございます。

オイルリングくらいは手で広げられますがセカンドリングは気を使いますよね〜。

新品のリングよりも中古のリングは折れ易いので手で広げるのは怖いですね。ストレートの工具ももうすこし削って広げないようにしないと怖いと思いました。

雪ふらんね〜。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick
投稿者:wada
いいですね!これ!
針金の方です^^b
リングを組むときはいつもヒヤヒヤしながら素手でやってましたので、次に(いつだ?)組むときはパクらせていただきます〜w
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ