+tani〜♪

シリンダーボーリング、ヘッド面研磨(面研)、バルブシートカットなどのエンジン内燃機加工と趣味のバイク(GSX750Sカタナ)について書き記してます。

山口県の谷口自動車というエンジン修理屋の周りで起きる出来事が中心です。クルマ、バイク、トラックと色々なエンジン、部品(ピストンなど)に出会えます。

タイトルのプラス記号はみなさんのエンジンにプラスになればと考えて付けてます。

 

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:wada
緑色のヤツです〜同じですね。
ぐっと押し込むと入り口で引っかかってシールがダルマみたいに胴ぶくれしてバネが下におこちてしまい外してバネ拾って・・・・
の繰り返しでした^^;
真冬の外で組んだからゴムが硬くなってたのかなあ???
投稿者:tani
wadaさん、みなさんこんにちは!

自分もカタナはバルブを先に入れておいて手ではめましたね。刀は楽だったですよ。輸出用と国内用で違うのかな?緑色の樹脂で出来てましたが、どうでした?

裏技でにはスプリングを外してシールの径にあったソケットを使って組むという話も聞きましたが、ちょっとやりにくいです。

シールをちゃんと組まないとオイルが下がるので注意が必要ですね。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick
投稿者:wada
これいいなあ〜。
ってとっくに組んだ後なのでしばらく必要ないんですが、カタナ組む時クリップ?スプリング?がすぐに脱落して入れにくかったです。
アルトの時はステム径よりやや細いプラスドライバで「ぐっ」と付けば入りましたが、カタナは苦労したっす。
投稿者:背番号13
今夜も壊れてます。 軍手が、ス・テ・キ・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ