2007/6/5

シートリング  アメ車 V8エンジン

クリックすると元のサイズで表示します

1950年代のエンジンを無鉛ガソリン対応にすべく手を加えてます。

今度いつエンジンを開けるか分かりませんが「でたらめな整備を昔の人はしたね。」と言われないようきちんとしていきましょう



しかし、このエンジンは不思議なんですが左右のバンクでバルブの位置が違います。

言い換えると燃焼室に出ているバルブの傘部分の容積が違います。片方はLOWコンプってこと?

よくわかんね〜。

かなりシートリングを入れるかどうか悩んでましたが、分からないときは人に聞く!

ネットで調べて電話することに。

無鉛対応を薦めてくれたショップがココ遠方からの突然のメール、電話に対応していただき感謝、感謝。

本当に全然商売に関係ないことを丁寧に答えてくれる店は良心的なとこだと思います。「わからない。」って言えば済んでしまいますもんね。
2
タグ: V8 エンジン



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ