2007/6/25

最近はヘッド屋です。  ヘッド オーバーホール

クリックすると元のサイズで表示します いすゞ4BD1というヘッドです。

ヘッドの整備を依頼されました。最近は加工後に洗浄、ステムシール組み立て、バルブ組み立てとエンジンに載せられる状態に仕上げておいて欲しいとのリクエストが良くあります。

まあエンジン全体を組んでいくことに比べれば作業は楽ですが、手を抜けない仕事です。



クリックすると元のサイズで表示します

このヘッドは吸気シートに一部吹き抜けを起こしてしまい、圧縮が落ちてしまい入院です。画像でいうところの右上の部分が抜けてます。

1気筒だけでなく、他の部分も同様に同じ場所が抜けてます。

クリックすると元のサイズで表示します

このエンジンの注意事項はシートリングを純正部品を購入して入れ替えると全くシートの当たりが削られていないものがくることです。ですから普通の整備工場で入れ替えをしても当たり面を削ることができませんからウチに来ていただける訳ですね。

自分も見積もりする時に単純入れ替えでやるとイタイ目にあうので注意しています。4BD1,4BG1、6BD1といったエンジンについては確認後見積もりしています。

まあいつも入れ替え、シート研磨で見積もればいいのかもしれませんが、4バルブ、6気筒といったエンジンで高い見積を出すと「ボッタクリ」と思われるのが怖いですから・・・。

本人がビビリじゃし、よう突っ張らん。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ