2007/8/26

2STヘッド  ヘッド修理_moto

クリックすると元のサイズで表示します お客さんネタ(仕事か?)を持って来てくれました。



クリックすると元のサイズで表示します 持ち込まれた状態。

プラグ穴周辺にはデトネーションセンサーの入る穴とプラグ穴があります。

プラグのネジ長の短いプラグを使いたいということで座面を3ミリほど削りました。
またちょっとテーパーに周りを削って欲しいというリクエストです。
クリックすると元のサイズで表示します
 旋盤にうまくかませたのですいーっと削れました。旋盤での加工なら非常にリーズナブルで済んでしまいます。プラグのネジ部分が短くなると焼け方が変わるかもしれませんね。軽自動車とかでプラグ穴の補修でヘリサートを入れるとプラグが溶けやすくなると以前聞いた記憶があります。この辺は様子を見ながらやっていただけるでしょう。
 ウチがどうのこうのいうよりお客さんの方が詳しいですから、お・ま・か・せ。

燃焼室側はデトネーション対応でリングが入っています。燃焼室もすべて機械加工、さすがレーサー部品!

クリックすると元のサイズで表示します

すべて競技用部品なので消耗品と割り切って使用するそうです。ネタをありがとうございました。 いや、本当は仕事よ、仕事。まじめにやってます〜。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ