2007/11/1

コンロッド  特殊工具

クリックすると元のサイズで表示します 急ぎでコンロッドのブッシュを入れ替えて欲しいという要望があり、一日中バタバタしてしまいました。

いつもは楽して外注に出すのですが、時間的に許してもらえず、自分ですることに。




なぜ外注にだすかというとクリックすると元のサイズで表示しますコンロッドの端面が斜めにカットしてあり、ブッシュもカットされた物を圧入してやらないといけません。

叩いていれて変形させるとダメになるからできるだけ傾けずに押し込む治具が必要です。

しかし、これまでウチには治具も無いしやる気が起きにくい物の一つでした。

クリックすると元のサイズで表示します治具の構想は前々から持っていたので製作はそれほど手戻りは無く進みます。

画像の左側が古いブッシュ、中央がこれから入れるブッシュ、右端に見えるのが治具です。

古いブッシュは圧入する時のガイドの役目をしてもらいます。

クリックすると元のサイズで表示します こうすれば古いブッシュとコンロッドの端面を合わせると治具全体が直立してくれます。

ここからプレスで押し込みます。

油穴をあわすのはそれほど難しくありません。

ノンビリと変な力が加わっていないか気をつけます。

つい調子がいいと何も考えずにやってしまう時が自分にはありますから注意しないと・・。

古いブッシュの部分がほとんど入りました。
クリックすると元のサイズで表示します

ここからのために古いブッシュや治具を用意したのでここからが本番かな?

今回、製作した治具は普通の丸パイプを径違いの物を2本つかい削って作りました。
クリックすると元のサイズで表示します
ブッシュとかを通すパイプと斜めにブチ切ったパイプを溶接して作ります。ウチにある機械で一体物のシャフトにこんな斜めの加工をするのは無理ですから、これが精一杯です。

このブッシュ治具を作るためにお待たせしている物が進まないことが一番の気がかりです。もう少し、時間をください、お客様〜。

マイ katanaにも全然手が付けられない状態なんですから〜。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ