2007/11/22

スポーツスターボアアップキット♪  エンジンオーバーホール

スポーツスター1200CCワイセコボアアップキットの完成です。
クリックすると元のサイズで表示します

シリンダーはサンドブラスト処理して綺麗にしてます。ボアの部分はスリーブを入れて再生。快調なエンジンの元になる部分です。

クリックすると元のサイズで表示します
 ピストンはワイセコ鍛造、圧縮比9.5になるリバースドームというタイプです。スカートの部分にはモリブデンのコーティングとシャレ?でワイセコというロゴが入っています。組み付けてしまうとまったく見えなくなるのが残念です。

ピストンの重量は340gとノーマルより重いのですが、ピストンピンが80gと短くすることで軽量化されています。どんなレスポンスになるか楽しみです。

仕上がったスリーブを組み付けようとすると・・・。

「あれっ?」はいらん。

スリーブを見ると○で囲んだ部分に模様があります。

クリックすると元のサイズで表示します
これはケースの合わせの部分とシリンダーのスリーブ部分が当たった跡です。前から気にはしていましたがまさかこんなにキツイとは。

ケース側の穴がΦ93.7でスリーブ部分の外径がΦ93.6ではちい〜と無理。スリーブを入れて再生した分、膨らんだかと思いましたがどうも違うみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

変になやまず旋盤でサクッと削りΦ93.2にしました。これで外径部分のクリアランスがコンマ25ありますから大丈夫でしょう。もうすこし取ってもいいくらいです。

このスリーブとケースに入る部分がキツイとピストンのスカートが割れたり、スリーブが割れたりすると聞いています。また焼き付きの原因にも。

 内燃機加だけしていると、「ボーリングだけして後は知らん。」というオッサンになるので、たまに自分でエンジンを組むと数値的に情報が溜まってきますのですごく得した気分です。
2
タグ: エンジン



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ