2008/1/19

三菱6D31−T  ボーリング加工他

ボアがΦ100の直6気筒と2日ほど格闘していました。
クリックすると元のサイズで表示します

建設機械といった産業用のエンジンなのでライナーを入れ替えた後、必ずボーリングが必要なタイプです。ワシの出番じゃ

クリックすると元のサイズで表示します

画像はライナーを交換後の物ですが、内径が荒加工の状態を表現したかったのですが・・・。わからん。

まあライナー自体の内径仕上げが荒いので実際物を見れば「アラ?」ってなるんですけどね。

ちなみにライナーをプレスで抜く時にも10TONくらいの力で押して始めて抜け始めます。固すぎ

圧入する時も最終的には8TONくらい力がいる。必死にやっているともう手が使い物にならんし。

圧入後シリンダーの内径をざっと計るとΦ99。一ミリも取りしろがあるんかい。ボーリングする時には0.3ミリもあれば充分なのにね〜。

こういった圧入タイプのライナーの場合、ボーリング作業が必要になりますので見積もり時には注意が必要ですよ〜!

これは三菱ですがTOYOTAでも13Bとか、いすゞの6気筒とかでもありますね。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ