+tani〜♪

シリンダーボーリング、ヘッド面研磨(面研)、バルブシートカットなどのエンジン内燃機加工と趣味のバイク(GSX750Sカタナ)について書き記してます。

山口県の谷口自動車というエンジン修理屋の周りで起きる出来事が中心です。クルマ、バイク、トラックと色々なエンジン、部品(ピストンなど)に出会えます。

タイトルのプラス記号はみなさんのエンジンにプラスになればと考えて付けてます。

 

カレンダー

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tani
seinoさん、こんばんは♪

がんばって装着の準備をします〜。

1型と2型の違いはヘッドの燃焼室の容積が違うだけだと思います。パーツリストを見てもはっきりしないのですがヘッドの品番が統一されており、1型用のヘッドというのは存在しないんですよ。
 容積にして0.41CCの違いで圧縮比が0.2ほど高くなる計算となりますので見た目ではちょっと分かりにくい差です。

平面研磨をしていますでseinoさんのヘッドも気持ち分、圧縮比アップとなってます。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick
投稿者:seino
taniさん、装着しちゃいましょ〜!
そして、早く感想をきかせてください!

ところで、1型カタナと2型カタナの圧縮比の違いは、ヘッドの部分の違いでしたか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ