+tani〜♪

シリンダーボーリング、ヘッド面研磨(面研)、バルブシートカットなどのエンジン内燃機加工と趣味のバイク(GSX750Sカタナ)について書き記してます。

山口県の谷口自動車というエンジン修理屋の周りで起きる出来事が中心です。クルマ、バイク、トラックと色々なエンジン、部品(ピストンなど)に出会えます。

タイトルのプラス記号はみなさんのエンジンにプラスになればと考えて付けてます。

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tani
埼モスさん、こんにちは♪

直6などになると鋳造後の熱処理(焼入れ時)に曲がりが出てきます。そのため燃焼室の容積に差が出てしまい圧縮比が気筒間でばらつきます。それを嫌ってこのエンジンは最初から燃焼室が削り出されています。

欧州の有名メーカーがコスト抜きで作っているエンジンですのですべてにおいてこだわりがあるのでしょう。

ポートはばらつきがコレこそ皆無でしょうから機械加工が適しているかもしれません。

また良い情報がありましたら埼モスさんからの入れ込み、お待ちしています♪

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick
投稿者:埼モス
お久しぶりです
軽フラの件以来です(憶えて…)

 燃焼室=マシニング加工
どーなんですかね?容積揃っても
全体的に大きくなってパンチ力的には?
 しょせんボールエンドミル
カッターマーク消すのに手仕上げ?

でもポートの画像見ると
ポートは有り!ですかね^^

いつも楽しく見させて頂いてます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ