2008/9/22

バイブスMTGに・・・。続編  ボーリング moto

腰下から作業の方を着々と進めています。

クリックすると元のサイズで表示します


左がスリーブ入替前、中央がこれから圧入するスリーブ、右は圧入まで済んでいます。


 このシリンダーは0.06インチのオーバーサイズピストンが入っていて更にボーリングするとスカートの部分の肉厚が少なくなるのとスカートに割れた跡を補修したような痕跡がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

そのためスタンダードサイズに戻そうという方向で進んでいます。スリーブを圧入した物でも0.01、0.02インチオーバーサイズまでは再度ボーリングは可能ですから万一の焼き付きにも対応は可能です。

このエンジンもオーバーホールしてあるという事だったそうですが実際どこまで作業をしたのかわからないような状況です。デジカメ全盛の時代ですから画像を付けて証明しないといけない時代になったかもしれません。

シリンダーをボーリングしてスリーブを圧入します。圧入はプレスで押し込みます。

クリックすると元のサイズで表示します


よくツバ付きにしてスリーブが動くのを止める加工が必要だというような事を聞きますが自分は必要ないと考えています。ショベルの場合ヘッドとシリンダーはスリーブの入った部分とはまったく関係ないところでガスケットを止めてますし、スリーブ自体も普通は動きません。

クリックすると元のサイズで表示します古びたプレスの圧力計で4TON〜5TONの力で押し込めるような嵌め合いになってますからピストンとスリーブの抵抗でコレが動くのは想像できません。
 ディーゼルエンジンとかでオーバーヒート(エンジンが止まってしまうくらい激しいヤツ)を繰り返したエンジンのスリーブがコンマ2ミリくらい下がったりするのを見ますがバイクでそうなるまで走らせる人はいないでしょうね。

このシリンダーは次の塗装工程に進みます。

ウチは塗装メニューはありません(笑)遊び半分、仕事半分の趣味の領域です。

ガンコートのブラックに塗装してみます。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ