+tani〜♪

シリンダーボーリング、ヘッド面研磨(面研)、バルブシートカットなどのエンジン内燃機加工と趣味のバイク(GSX750Sカタナ)について書き記してます。

山口県の谷口自動車というエンジン修理屋の周りで起きる出来事が中心です。クルマ、バイク、トラックと色々なエンジン、部品(ピストンなど)に出会えます。

タイトルのプラス記号はみなさんのエンジンにプラスになればと考えて付けてます。

 

カレンダー

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tani
埼モスさん、こんにちは♪

リコイルの説明には均一に掛かると書いてありますね〜。でも手で普通にタップを立てると手前の数山は甘くなりやすいので注意しないといけない気がします。

全てリコイルする必要があるとは考えていませんがバラス時にねじ山が外れて出てきたり、変に固いネジは注意が必要です。特に今回のようにST−2といったカムを使う場合、カム山が大きいためカムを押さえて行く時に注意しないとねじ山をなめてしまいますのでやりました。

Z1系のヘッドはカムホルダーの押さえるボルトの本数が少ないのが悩みですね〜。


http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick
投稿者:埼モス
こんにちは^^

"ねじ"は奥が深いですよね
理屈では何山ねじ込んでも、実際負荷が掛かるのは手前の数山と言われますね。

でもリコイル&ヘリサートは均等に掛かる理屈らしいので2Dは効果有りそうですね

私もヘッダー取り付けねじはヘリサートしてます。バラシついでのひと加工で安心できますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ