2009/1/19

HD ガイド製作  ヘッド修理_moto

地味にガイドを製作してました。

クリックすると元のサイズで表示します


上が素材でそれをバリバリ削って下のガイドが完成です


ガイドが入る穴はアジャストリーマーで軽く仕上げてからガイドを焼きバメします。

クリックすると元のサイズで表示します


固すぎればガイドが割れますし、緩すぎると抜けたり、動いて穴がダメになったりしますので微妙な感覚で打ち込みます。

打ち込みが終わればあとはシートカットだけです。

これまでの作業が上手く行っていたらシートカットはほぼ平均的にカットできますので見栄えも良い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します


まあシートカットする前にバルブをシートに当ててみればうまく行っていれば大体いいところにバルブが来てますからそれでもおおよそ判ります。

クリックすると元のサイズで表示します


そんな事をブツブツ考えながらもシートカットは終了です。

ショベルのヘッドも上手く直せばシンプルで良い物ですが色々と手が入っている場合が多いのでどれが正しくて、何が間違っているのか自分でもはっきりとは判ってないかもしれません。

謎の尽きないヘッドです。

クリックすると元のサイズで表示します


刻印があるんですが何の意味なんでしょうか?

自分がやったヘッドに「+tani」って刻印すると怒られるじゃろうな〜(笑)
1



2009/1/20  23:46

投稿者:tani

アジャストリーマーは良い時もあれば微妙な時もあります。ほんのちょっと100分の2〜5ぐらいをあわすのはコレは使えます。

あまり削りの量が多いと加工する穴の形状、抜ける側が片当たりするなどすると倒れが出やすいです。

最近好きなの?はバニシングリーマーです。曲がりにくいのと重切削に耐えるというのが売りですんでね。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick

2009/1/20  22:37

投稿者:埼モス

こんにちは
アジャストリーマー!
以前から興味は有るのですが
なかなか使用にいたりません。

taniさんがご使用されていると言う事は!!
良さそうな感じ^^
使ってみようと思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ