2009/2/18

プラグ穴リコイル  ヘッド修理_moto

掲示板上の文字だけで「プラグ穴のリコイルをするときこんな風にやるよ〜」って書いたので今回は画像で説明しておきます。

「そんなの普通じゃん。」って思わんでね。

クリックすると元のサイズで表示します





上の画像ではリコイルのタップに差込角9.5のディープソケットを後ろ向きに付けてそれに6角中高棒を入れます。

その中高棒をソケット+ハンドルで回してタップを立ててます。

タップにはしっかりとタッピングオイルを塗りながら作業していきます。

クリックすると元のサイズで表示します


倒れとかに注意しながら作業すれば失敗する可能性はかなり低くなると思います。

タッピングハンドルが入らない時、ついついモンキーとかでまわしたくなりますがそれは失敗する可能性があがるので自分は使わんね。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ