2006/9/22

お客さん  ボーリング加工他

GMのヘッドです。
クリックすると元のサイズで表示します


タイミングベルトが切れてバルブを突いてしまったそうです。走行距離は10万まで行ってませんが、年式が古かったせいではという事。

バルブを突くとへたするとガイドも割れてしまいます。

が?

GMのヘッドは実は自分は好きなんです。
結構ポートとかがストレートポートぽっくなってるのとガイドが吸排気に干渉しないよう出てないとか結構考えてあるように思えます。

クリックすると元のサイズで表示します

画像ではよく分からないかもしれませんが、吸気ポートの画像です。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューとしてはバルブを交換するためシート面を修正するのと平面研磨すると言う事です。画像上の上側が吸気側、下側が排気側です。吸気側はバルブのすり合わせだけですませます。なぜかって?

吸気側は磨耗も少なく当り幅が広くなってません。擦り合わせで済めばそれだけ費用も少なく済みます。排気側は当り面が広くなってますのでシートカットしてから擦り合わせします。当り幅が広いと擦り合わせする時間も長いし、
できませんから。

シートカットすると当る面を狭くできますので面圧も上がりますから。

バイクの排気弁はかなり過酷な状況になってる場合がありますから定期的にやったほうがいいんではないかな〜と思います。

以前旧車をあつかう人に「バルブの当り幅が広くなるとバルブの冷えが悪くなる。」って言われた事があります。これは真実なんかな〜。未確認(未体験)情報です。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ