2009/7/21

ショベル・追記♪  ヘッド修理_moto

ショベルもドンドン修理を済ませて現在残っているのは1台分だけです。

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドは抜き取って確認しているのですが、排気側のシートリングが磨耗したのか一度シートカットしたのか下がってます。

HDの解説書には規定値より1ミリ下がった場合はリングの入替えを指示しています。

当然コレも交換対象です。

本日の状況としては左側のヘッドはガイド交換、吸気シートカット済み、排気シートリング製作入替え済み(シートカット前)。

右側のヘッドは吸気ガイド交換、吸気シートカット済み、排気はシートリングを抜き取ってガイド穴をオーバーサイズ加工待ち(ツール取り寄せ中)となってます。

クリックすると元のサイズで表示します


シートリングを抜いてその穴を基準にしてガイド穴を仕上げるという作業は一手間かかりはします。ヘッドのバルブガイド穴が倒れてしまった物にはこの手順で行うのが良いと考えてます。

クリックすると元のサイズで表示します


実際はこのような体勢で加工されてます。

クリックすると元のサイズで表示します


発送も済ませましたので良いショベルになるよう念じています
1



2009/7/23  22:24

投稿者:tani

画像を見させていただきました。返答をさせていただいてますので確認ください。

2009/7/23  22:04

投稿者:左村36

写真のほうをメールで送付しました。回答の簿度よろしくお願い致します。

2009/7/23  19:03

投稿者:tani

排気側の1箇所はΦ16でも綺麗に仕上がらないのでΦ18に拡大しました。

画像の件、お待ちしています。ガイドを製作する時にスプリングロアシートとガイドをあてがって見てガイドのツバの下端とロアシートの下の面が揃ったので良いと判断したのですがそれ以外で不具合があればご指摘ください。



http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick

2009/7/23  12:41

投稿者:左村36

排気側はΦ18との記載がありますが、Φ16と以前お教えいただいたのですが、どちらが正解でしょうか? またΦ18が正解の場合は、Φ18になった理由をお教えいただけないでしょうか?

スプリングシートの当る面はフラットな部分であたるようになっていないでしょうか? これについては、写真を後で送付いたします。

2009/7/23  6:12

投稿者:tani

捕捉ですがハイカムなどのリフト量が分かれば教えてください。

シフトンのシールは打ち込むとスプリングロアシートの内径を削った部分に入り込むような形になります。その状態でリテーナーの下の部分とのクリアランスが11ミリ程度確保できるような組み合わせになってます。

11ミリより多く取るならリーテーナの下面を削って2ミリ程度クリアランスを増やすことが可能です。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick

2009/7/23  6:08

投稿者:tani

@1箇所はガイドの入れる部分の穴を拡大したのでヘッドとガイドの当り面が狭くなっています。そのため台形のような受けを作成して当り幅を確保しています。シートリングを入れた排気側はΦ15、Φ18とガイド穴を拡大しています。スプリングシートの当る面はフラットな部分であたるようになっていないでしょうか?バルブのセット位置は排気が38.1〜、吸気が〜39.1に入るようになっていると思います。

Aガイド穴はOS加工は2箇所です。シートリングの入っていた穴を基準に穴を開けるのでシートリングを抜かない限り行いません。

Bすり合わせはバルブを見たらお分かりかと思いますがすり合わせまで行っています。

不明な部分については一度送り返していただければもう一度確認します。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick

2009/7/23  0:16

投稿者:左村36

届きました。3点質問があります。

@オーバーサイズのバルブガイドの形だけが異なる理由をお教え下さい。
 バルブスプリングシートととの接触箇所が他と異なります、当初セット長を合わせるために?とも思いましたが、OS箇所がバルブスプリングシートが基準面からオフセットされたようになり、セット長が短くなっています。(ステムシールが自由長が短いためぶつからないか心配しています。)

Aガイド穴OS加工(EX)は2箇所施工されたのでしょうか?

Bシートカット後、すり合わせ及び、光明炭での当たり確認されているでしょうか?

回答よろしくお願い致します。


2009/7/15  19:37

投稿者:tani

ガイドの倒れが出てしまうのは一つは抜く時に無理に抜いてしまい穴をダメにしてしまう事です。

またガイドを入れる穴の長さがHDは非常に短く、穴の倒れが出やすい形状となってます。

綺麗に抜いて打ち込めばほとんど倒れはでません。リーマなどで調整する量が多くなるほど(下穴の傷みが激しいほど)倒れてしまいシートの仕上がりに差がでてきます。

オーバーサイズは4枚刃のエンドミルです。通常は15ミリで仕上げれば済むのですが今回は16ミリが必要なので取り寄せしてます。

HDはΦ20までは拡大しても大丈夫な構造なのでまだまだ余裕はありますね!

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick

2009/7/15  18:27

投稿者:左村36

楽しみに待っています。ヘッドのバルブガイド穴が倒れてしまう原因は、なんでしょうか?最初からのHD社の製作時に発生するのか?過去のバルブガイド交換時での組み付けミス?アルミ素材の熱でなどの変形? 後生のためにお教えいただけないでしょうか?

オーバーサイズ加工待ち(ツール取り寄せ中)との記載ですが、どんなツールなのか見てみたいです!! 一生見れないような気がして。。。。 

よろしくお願い致します。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ