2009/7/26

W1ヘッド  ヘッド修理_moto

左がW3用ヘッド、右がW1用ヘッド。ぱっと見、外観はフィンの枚数が違ったりしているくらいです。

クリックすると元のサイズで表示します


オークションでは燃焼室の画像がなかったのでどうかな〜って見てましたが実際来た物をみると燃焼室、バルブともかなり堆積物が溜まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します


コンディションは良くはないですが、ガイドの穴が磨耗しているだけでバルブには損傷が無く、バルブ類を一式、W1のヘッドに移植します。

バルブを掃除してバルブの当り面を研磨しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


なにか普通に見えてきますね。

クリックすると元のサイズで表示します


シートカットもほぼ均一に取れましたので見栄えもよく仕上がってくれます。

ここからが自由研究の領域です

さりげなく装着してますが純正のバルブではなく流用を検討していたバルブです。

バルブの傘径、ステム長などほぼ無加工で使えそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


コッタの入る位置、形状が異なりますので位置関係の調整できるコッタを探してやりました。

クリックすると元のサイズで表示します


これでスプリングのセット位置なども使えるレベルの位置に来てくれます。

スプリングも右側、2個がノーマルスプリング。左側2個が流用可能なスプリングです。
クリックすると元のサイズで表示します


よく見るとお分かりでしょうが流用可能なスプリングはインナーとアウターでは巻きの方向が違います。なぜ違うのかピンと来る方も多いと思うので書きませんが純正のスプリングを縮めるとすごく傾くんですよ、コレが。

当然ヘタリも出てるでしょう。「もう疲れたよ」ってスプリングも言ってますよ〜。

な〜んかバルブを探すのにすごい無駄使いした気がするのはなぜでしょうか

クランクのベアリングも探したし、ダイナモのチェーンもDIDで強化タイプがあるというのも探した。基本のオーバーホールをするのには現時点ではシフトアップさんのピストンがあるうちは困りませんのでぜひ今がチャンスだと思うんですよね〜。

ぜひコレを使って組んでみたいという方はご一報を

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ