2009/7/26

ショベル  ヘッド修理_moto

ショベルなどの古いエンジンもアフターパーツが多くあり入手には困りません。

国産の旧車弄りをする人たちからみればうらやましい限りです。

しかし、種類が多いというのも困った問題が出てきます。

クリックすると元のサイズで表示します


同じ品番でバルブの形が違うということも出てきます。

傘の部分の厚みが違うのわかります〜?

コッターの入る部分より上の部分の長さが違ったりします。

クリックすると元のサイズで表示します

つまり全長が違うということです。コンマ3ミリくらいこれは違いました。

クリックすると元のサイズで表示します


ショベルで入ってくる物はすべて修理前のバルブのセット長を測定しておいて出荷する時には確認して出すようにしています。

今回他のお客さんでシフトンのステムシールとのクリアランスで詰めが甘い部分がありましたので今後その辺も細かく確認していかなければなと痛感しました。

クリックすると元のサイズで表示します


今回このBTの刻印の物は他のとは違いがありました。またバルブのステム径もV−twin、ROWE、Manleyと微妙に違う場合がありますのでご注意ください。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ