2009/10/29

W1SAヘッド修理  ヘッド修理_moto

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドを修理する際にまずはこれからの基本となる部分に手を入れなければいけませんね

それを焼きバメしてバルブをセットした時のガイドとバルブのガタの感じ、シートへの当たり加減でこれからの作業がうまくいくかどうかわかります。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブは再使用しますが、右の排気側のステム(軸部分)を見るとカーボンが固着しています。

クリックすると元のサイズで表示します


この部分は本来ガイドの中に入る部分ですのでここに付着するということはガイドの穴がラッパ状に磨耗していることが明らかです。

シートカット前のシートの当り面は当り幅も広くなっていますし、またカーボンなどをたたいてしまってまだらになってます。古いから当然といえば当然。驚く事も落胆することもありません。

クリックすると元のサイズで表示します


シートカット量も最小限で済みましたので偏芯やガイドの倒れもなく良好でした。

クリックすると元のサイズで表示します


排気も同様に良好な加工状況です。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブもステムの軸部分はラッピング、バルブフェースとステムトップは研磨しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてステムシールの打ち込みです。

今回も吸気側が左側、排気側は右側と材質の違う物を使用しました。

クリックすると元のサイズで表示します


意外とこのステムシールは打ち込みにくいのが難点ですが、落ち着いて作業すれば大丈夫です。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドにバルブを組み付ければ発送準備完了です。

滞在期間は2泊3日でしたね

修理に掛かった費用(宿泊代?)は2万8980円でした
2



2009/11/2  7:34

投稿者:tani

武丸さん、こんにちは〜♪

いつも電柱の影に隠れて見守ってます(汗)

ノンビリとやりまっしょい!

2009/11/1  19:59

投稿者:武丸

またブログはじめたので、リンク貼らせてもらいました〜(≧ω≦)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ