2006/9/30

地味ですが・・・。  ボーリング加工他

シリンダーヘッドの組み換えをしてました。
クリックすると元のサイズで表示します
オーバーヒートさせてしまいヘッドを交換することとなったそうです。


オーバーヒートして歪んだのなら平面研磨すればいいじゃないかって?
クリックすると元のサイズで表示します
ところがこのヘッドは副燃焼式のヘッドでチャンバーと言われる部品がなんとうか硬くて砥石がちびるのが半端じゃない。0.1ミリ削るのに砥石が2ミリくらいちびる。セラミックで出来ているらしくすんごい硬い。
だから削るのイヤ。

でも今回は削らなくてもよかった。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒートさせたヘッドが割れてくれてました?
古いバルブは再使用するということでバルブを研磨します。研磨っていってもシートの当るところを45度で正確に仕上げます。
クリックすると元のサイズで表示します

さらにこいつはカムが直接バルブを動かしますからクリアランスの調整をしないといけません。リフターをセットしてカムを固定します。そして反対側からバルブを差込ます。(まだスプリングは付いてませんよ)
クリックすると元のサイズで表示します
そしてクリアランスを測りながらシムを注文するようにとマニュアルには書いてありますね。でも実際そのエンジンしかしない会社以外持ち合わせはありませんし、シムを頼む費用、時間もバカになりません。

クリックすると元のサイズで表示します

だからバルブの頭を削ってやることでコンマいくらのクリアランス調整を行います。バルブフェースグラインダーにはそういう頭を軸に対して直角に削る機構もあるのでそれを使いきちんと削ってあげます。決してグラインダーを手に持ってするんではありませんよ。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ