ガイドを抜き取ったらなぜかローレット加工がされていたりとハーレーの…" /> ショベル | +tani〜♪

2010/1/18

ショベル  ヘッド修理_moto

クリックすると元のサイズで表示します


なぜかウチの作業場には常時ショベルのヘッドがあるような気がします。

仕事が遅いせいもあるのでしょうがTдT

ガイドを抜き取ったらなぜかローレット加工がされていたりとハーレーのヘッドはビックリさせていただくことが多いです。

「なんでローレットなん?」みたいな感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します


1980年以降のモデルはステムシールの外径も異なっています。バルブの寸法は一緒なんですがスプリングの径やロアシートの形状といったものが異なるため違うようです。

でもガイドを製作するなら1980年以前の形状のシールでも問題はありませんね。

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドを製作するのに一番気を使うのがガイドの外径に対する内径の曲がりや倒れ、ガイド穴自体の傾きなどです。今回はガイドにローレット加工がされていたりと難問が色々ありましたが、シートカットも偏芯も少なく綺麗に仕上がりました。

「こうでなければいかん」と一人ブツブツ言いながら加工するオヤジでした(笑)

このヘッドに使用するシリンダーもヘッドとの当たり面修正およびボーリングときちんと手が入れられます。

クリックすると元のサイズで表示します


ここまでやれば安心して乗れるでしょう。組みあがるのはまだ先でしょうが楽しみな1台の一つです。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ