Z1・ビックバルブ  バイク

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーヘッドをオーバーホールする基本は地味〜に、ガイドなんですよね〜。

コイツがうまくいけば後は順調です。

しかし抜いたガイドには燃焼ガスが抜けた跡があったり、吸気側は暖めなくても緩く抜けます。

クリックすると元のサイズで表示します


そして排気側は1本は動いてカム側に出ています・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


抜き取り後、ガイドの下穴寸法を測定して吸気側はBITO製オーバーサイズガイド、排気側は流用ガイドを外径寸法調整した物を使うことにしました。

これでガイド周りのオイル下がりは修理可能

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドの打ち込みが完了したら次の工程に進みます

クリックすると元のサイズで表示します


シートリングの内径を拡大して〜。

クリックすると元のサイズで表示します


ビックバルブ対応シートカットです

クリックすると元のサイズで表示します

排気側をシートカット&セット長調整をします。

クリックすると元のサイズで表示します


カムノーズの逃げ加工をしたら〜。
クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドボルトの座面をエンドミルで加工したら作業はほぼ完了です
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ