1種いけ  いけばな池坊

7月 カリキュラム見本は  こちらから 




BINOCULAR(バイノキュラー)WEBマガジンに掲載されました

QUEENS FLOWER の ネットショップ



フラワーアレンジメント ブログランキングへ


昨日はお稽古の日だったので1日いけばな三昧。

先週京都で1週間お稽古三昧だった時に反省したのは

どうも私は目先のやったことない形に興味がありすぎて、

いざ基本となる花形をいけようとするときに自信がない

事が多々あるという事。


これはアレンジにも同じことで、これについては生徒さんには

ちゃんと説明しているのに。自分もちゃんとやらないとと

気持ちを入れ替えて正花一種いけをお稽古しました。


まずはリアトリスを御玄猪という名の付く花器に

配りと呼ばれる枝が又になっている物に固定していけます。

リアトリス9本いけです。  この形は池坊に入ったころ

何度もお稽古しました。簡単だからころ難しいと久々に感じ。

のびやかなリアトリスは好きな花なのです。


クリックすると元のサイズで表示します



こちらは、初めていけた「ギボウシの一種いけ」。

池坊の伝統ある一種いけなのに、この時期一瞬しか

花が咲かないので、お稽古していませんでした。



クリックすると元のサイズで表示します


最後は、こちらも初めていけた「アガパンサスの一種」

こちらも伝統ある形になります。今の時期はあちこちで

咲いていますよね。昔の花人も咲いている花を摘みかえり

家でいけたのでしょうか。




クリックすると元のサイズで表示します



久しぶりのリアトリスに、初めてのギボウシにアガパンサス。

まだまだお稽古しなくてはならないことばかり。

時間がいくらあっても足りない感じです・・・
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ