シャンソンの会での舞台装花  舞台花

12月カリキュラム・1、2週目 見本は こちら から

12月カリキュラム・3週目 見本は こちら から

12月カリキュラム・お正月アレンジ、しめ縄 見本は こちら から

12月カリキュラム・ プリザ 見本は  こちら  から

QUEENS FLOWER の ネットショップ



人気ブログランキングへ


昨日は母、姉、兄、叔母によりシャンソンコンサートでした。

私は歌はお株ではないので、花の担当です。

ここまでの大きい舞台装花は、現地での製作です。

大輪のユリとストックで春らしさを出しながら、

最後にはアスパラガスペラで英国式らしく流れを出してます。


お客様をお見送りの時に、この装花は花束にして

お土産にお持ち帰りいただきました。


今頃あちこちのお客様のお宅で可愛く咲いてます。

実は装花を崩してお渡しすることには意味があるんです。


新装開店のお店の前に素敵な大きな装花ありますよね?

開店祝いの装花は、夜になったら勝手に抜いてもいいんですよ。

それが、そのお店に繁盛をもたらすって言われてるので、

銀座の夜には脱け殻になってる開店花を見ることが出来ます。


でも、その風習を知らないお店だと、勝手に抜いたら

怒られちゃうかしらって、夜になっても完璧な装花を

横目に素通りすることがよくあります。



クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ