俳句の風景

写真と自作の俳句を掲載しています。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

人気ページランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

QRコード

RSS
« 清水 | Main | 滝 »
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:819maker
クスクスさん、こんばんは。
蛇には髭はありませんが、この植物は別名「竜の髭」といいますので、竜と蛇を混同して蛇の髭になったのではないかと推察いたします。竜には髭がありますので、本来は竜の髭と呼ばれていたのかもしれません。
投稿者:819maker
NANTEIさん、とんでもありません。
ご自分の考えをもつことは大切なことです。
また、こちらも勉強になりますので、思った事は遠慮なさらずにお述べください。
鑑賞もご意見もよろしくお願いいたします。
投稿者:クスクス
珍しい蛇の髯の花の写真と俳句二句感心しました。私は初めて見ました。花の名を知っている方がいて良かったですね。葉っぱを髯に見立てるとは、蛇には髯があるのですか?
知りませんでした。ユーモアの命名でしょうか?
投稿者:NANTEI
顔から火が出るというのは、このことでした。長年、日々の研鑽を怠らない方と、月に二三度句らしきもので遊んでいる人とは、その見識、作法において、比べ物にならない差があることを知りながら、とんでもないことを書いてしまいました。軽佻浮薄な男です。
重ねてお詫び申し上げます。
今後はせめて鑑賞だけでも、お許しいただけますよう、お願い申しあげます。

http://nantei1943.blog129.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ