agassi日記

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:メロン
また日本語がおかしいです・・・・m(_ _)m
投稿者:メロン
父親の田舎が鹿児島ですが、私は熊本生まれで生まれて、4歳で横浜に引っ越して来ましたので、一度も鹿児島の祖父母の家に行ったことがありませんでした。大学4年の夏休みに、これが最初で最後かもと思い、一人で寝台列車で行ってみました。(30年以上前ですね)
 ありましたよ、入りましたよ五右衛門風呂。祖父は小学校の校長をリタイヤして、病弱な祖母と、田んぼや畑を耕しながら暮らしていました。夜はテレビをつけて暇つぶしをするわけでもなく、暗くなったら眠って、明るくなったら起きて鶏に餌をあげて、近くの川で川エビを捕ってという生活を1週間しました。今から思えば別世界ですが、それで何か困るかといえばそういうわけでもなく、本当の人間的な生活だったのかもしれません。(今自分の子供を連れて行って生活をしてみたら何日続けられるでしょうか?)
 そうそう、私の大の苦手な大きな蜘蛛がたくさんいて、夜は怖かったのには閉口しました。特に夜のトイレは蜘蛛が怖くて極力行かず、明るくなってから行きましたね。祖父は普段は蜘蛛とも暮らしていたのでしょうが、私が苦手と知って退治しては鶏の餌にあげていました。祖父母はもういませんし、家も誰住むわけでもなく荒れてしまうため、取り壊して土地だけはそのまま、田んぼと畑は知り合いに貸しているそうです。孫のためにと持っていた山に木を植えたと小学生の頃聞かされた覚えがありますが、今はどうなっているかなあ。
 そうそう、私の名字は珍しいのですが、墓参りに行ったらそこら中のお墓に自分と同じ名字が刻まれていてびっくりしたこと。親戚と言われて挨拶に行った家の人の言葉がまるで外国語で全く理解できず反応できずに困ったことも思い出しました。
 それ以来鹿児島の家には行っていませんし、自分の田舎と呼べる場所ではなくなってしまいました。田舎のある人って羨ましいと思います。故郷が私にはないような気がします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ