アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2007/6/17

種採り第二弾  プロジェクト

6月16日(土)曇り 今日は甲ヶ崎の奥「ウッチョ(内海)」の天然アマモ場で、今年2回目の種採り。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今年のアマモ場はとても元気でワサワサよく茂っています。種もたくさん実っていて採っても採っても採りきれないくらい。
実は昨年初めて種採りをしたとき、「私たちが入ることで藻場が荒されて弱ってしまうのでは」と少し心配していたのですが、No Problem,OK!
「麦踏みみたいに踏まれると強くなるんかなあ」「気象条件がよかったんかなあ」「周期があるんやろか」原因は謎ですが、明らかに藻場が大きくなってよく茂っているのは確かです。一年生も嬉しくて思わずアマモマン?



クリックすると元のサイズで表示します
さて、今日の新しい助っ人はボート部の平山先生。主力選手は北信越や全国大会に行っており、お留守番の先生はゴムボートで地域貢献。素晴らしい!ちょっと手持ち無沙汰にしていた陸上班を乗せて「アマモ場観光」。風情がありますね(?)

艇庫が甲ヶ崎にもあるので、先生は毎日この辺りで練習されています。「今年はアマモ場増えてますね。幅も広くなってるし、今まで生えてなかったところにも生えてるし、勢力拡大してますね。」
Oh!素晴らしい。ダイビング部以上にこの海域のことを熟知しておられます。ダイビング部はボートを持っていないので海からの観察ができないのですが、ボート部ならお手の物。先生、是非1軍は全日本や世界を目指してもらって、2軍はアマモ調査隊に・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

水産高校の生徒や先生、サポーターズの面々のほか、OBのシュンちゃん、県大生、小学校の先生など更に輪が広がり、こんなにたくさん採れました。今日もまた、楽しかったね〜

早速中日新聞の記事になっていますので、どうぞ。
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20070617/CK2007061702024730.html




2007/6/17  22:19

投稿者:hical

高浜からの参加ありがとうございました。来週の土日は高浜の海浜清掃にダイビング部員たちが伺うそうですね。交流が広がってうれしいです。
観光だけではなく、こういう活動を体験してもらうエコツーがあってもいいな、とふと思いました。

2007/6/17  20:00

投稿者:Toku

昨日は久々の参加&初の種取りでしたが、楽しく行う事ができました。ダイビング部のみんなも先生方も、一般参加の方々もお疲れ様でした!ダイビングシーズンに入っていますので、あちこちでアマモの事を話していきたいです!次回もまたよろしくお願いしますね〜♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ