アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2007/11/24

水産学会で発表してきました  サポーターズ

23日に県立大学で「第1回日本水産学会中部支部大会」が開かれ、初めての試みとして、小浜水産高校バイオコースの生徒とアマモサポーターズが発表の機会をいただきました。
これは、地域で行われている取り組みを研究者が知ることで、大学と地域が協働で地域課題に取組むきっかけにしよう、というまったく新しい取り組みです。

クリックすると元のサイズで表示します


午前中にトラフグに関するミニシンポジウムがあり、午後の一般発表に入る前に「小浜湾を蘇らせる地域の取組み」ということで、小浜水産高校バイオコース3年生の研究発表「マガキ不漁の原因追求と対策」とアマモサポーターズの「小浜湾・美しく豊かな海をめざす高校生と市民の取組み」を発表させていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

マガキの研究は、ホヤやムラサキイガイといったカキに付いて栄養を横取りしてしまう「付着生物」に対する対策を研究したもので、まだ1年目ということでしたが、素晴らしい発表で、これからの更なる研究が期待されます。


クリックすると元のサイズで表示します


アマモマーメイドプロジェクトに関しては、県立大の先生方は意外と、私たちの具体的な活動は知らなかったようで、一様に感嘆されていました。

懇親会では、いろんな方とお話しする機会をいただき、共同研究の話や「困ったことがあったらいつでもどうぞ」と言ってくださる方も現れるなど、いい交流の場となりました。

活動を深めるほど「わかったこと」より「わからないこと」が増えていくので、専門家の方々が力を貸してくれる、というのは心強い限りです。
こういう場をいただけたことに感謝!です。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ