アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2008/5/20

若狭水紀行「どんぶらこ」始まります  お知らせ

 「海に流れ込む水のことを、海以外の人と一緒に考える」 を目的に企画した連続講座。2年半で12回の若狭の水を巡る旅が始まります。
まず、最初は南川の奥の名田庄地区から始め、どんぶらこどんぶらこと川を下りながら開催していきます。
山の人、川の人、里の人、地下水を守る人などなど、いろんな方々に登場していただく予定です。お楽しみに!

◎第一話 「名田庄の今昔川語り」 
  日時   6月1日(日) 13:30〜15:30
  場所   あっとほ〜む・いきいき館
(おおい町名田庄下)  

  語り手  山の達人 岡勝治さん   鮎採り名人 中塚寛さん
  聞き手  NPO法人 森林楽校・森んこ 萩原茂男
       県立大海洋生物資源学科 田原大輔助教


ある日、じいさんが言うた「今の川は死んどる。」 
「えっ!こんなにきれいなのになんで?」
どうやら昔の川は人も生き物も、もっともっと賑やかやったらしい。
昔の「生きた川」てどんなんやったんやろ?何が変わってしまったんやろ?
みんなで話しでもしよかいな。

上流で魚やカニを採っている人たちは、私たち以上に環境の変化を敏感に感じておられ、また海とのつながりもしっかりと感じておられます。そんな話を聞きながら、みんなで語り合いませんか?



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ