アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2008/8/12

気になる川の上流  どんぶらこ

8月10日午後「どんぶらこ」と同時開催で、川遊び講座が開催されました。
講座自体は早くから定員いっぱいになるなど盛況だったのですが、気になることが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


一ヶ月くらい前から、この講座のお世話役の「森んこ」さんから「今年は川の水が少ないし、濁ってるし大丈夫かなあ」という話を聞いていたのです。
開催場所の久田川は南川の上流にある支流のひとつですが、まだまだ渓谷の趣きを残す川で、数少ない川遊びの絶好のポイントです。今年はカラ梅雨だったこともあり、水量が少ないのは仕方がないのですが・・・。

「子ども等がバチャバチャやると泥が舞い上がって、全然見えんようになった」
えっ?それじゃ河口の小浜湾と同じじゃないですか!



クリックすると元のサイズで表示します

気になった田原先生が川を遡ると・・・。そこには泥水の砂防ダム。どうやらこれが大きな原因のようです。

どんぶらこ第一話でもお伺いしましたが、名田庄は昭和28年に大水害に見舞われ、死者・行方不明者多数、家屋の流出、道路の寸断など大きな被害を受けました。
そしてその後、対策として河川改修や砂防ダムの建設が進み、以前とは全く違った川になったそうです。
もちろん、整備も対策も必要。でも、結果として川が死んでしまった・・・。その影響はどんぶらこどんぶらこと流れて海まで及ぶ。

海でも川でも、「一度作った構造物はなかなか壊せない」「一度計画が動き出したものは途中で止められない」と聞きます。どうしてなんでしょう?
自然あっての人間。自然あっての若狭です。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ