アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2010/3/12

元気で〜す♪  プロジェクト

久しぶりのいいお天気。冬の間見ていなかったアマモたちはどうしているだろう、と見に行きました。
まずは、西津漁港横の定植地。元気に生えていました♪これは岸壁に近い手前側の隅っこの方。

☆みんなの期待を背負った「期待アマモ
クリックすると元のサイズで表示します

全体は白濁りで、写真ではわかりませんが、テトラポットの近くにも同じような固まりが5つぐらいありました。

クリックすると元のサイズで表示します

甲ヶ崎口のアマモベルト地帯は12月より丈が短くなった感じですが、相変わらずベルト状のしっかりしたアマモ場です。同じく白濁りのため、見づらい状態です。

☆いつも変わらずしっかりと生えている「しっかりアマモ
クリックすると元のサイズで表示します

甲ヶ崎奥の消失したアマモ場は、岸から確認できる浅瀬では、まだ復活していないようです。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな川の突堤を歩いて行くと、その先に少しだけ残っていました。
顔を見れたのが、せめてもの救い。これから暖かくになったら、沖に出てほかの場所も探したいです。

☆また復活してくれるのか「心配アマモ
クリックすると元のサイズで表示します

そして、栽培漁業センターの水槽に一昨年12月に植えたアマモ。すくすく美しく育っています。1年を経て、未だ上へ伸びてる様子。これから横にも広がっていくのでしょうか? どんな風に成長していくのか楽しみです。

☆水槽育ちの苦労知らず「すくすくアマモ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

4月からはサポーターの皆さんと一緒に、毎月この4ヶ所を観察していきます。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ