アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2010/7/26

アマモは今どうしてる?  プロジェクト

暑いです。本格的な海の季節です。
さて、アマモは今、どうしているかしら? と調査の時に見てみました。

西津漁港横。盛りを過ぎて少し茶色くなっていますが、健在です。
クリックすると元のサイズで表示します

潜ってみるとこんな感じ。透明度が高くて、日の光がキラキラしていい感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

おお!魚だ テトラとアマモの陰で、すっかりくつろいでいる様子。10cmくらいの大きさです。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、小魚の群れも泳ぎ回っています。これは5cmくらい。どちらも、スズメダイかな。
クリックすると元のサイズで表示します
ほかにも、クサフグなど、数種類の稚魚が確認されました。いいゆりかごになっているようです。

さて、水槽育ちのセンターアマモはどうでしょう?
相変わらず涼しい顔で生えています。ここに種を植えて1年8ヶ月。去年の夏からほぼ変わらぬ顔で生えています。(ブログの前の記事も参照してくださいね)
天然アマモは四季折々の顔を見せるのですが、ここのアマモは変わらない姿が不思議。
クリックすると元のサイズで表示します

と、思いきや、変化を発見!足元にご注目! 足元が横に伸びています。
クリックすると元のサイズで表示します
少しずつ地下茎が横に伸びて、そこから新しい葉を出し、元の葉は枯れて流れていく。足元は普通砂の中に隠れて見えないのでわかりませんが、実はどんどん新しい葉に更新されているんですね。だからいつ見ても新鮮な青い葉ばかりに見えるようです。
また、アマモの新しい一面を発見しました。なかなか飽きないやつらです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ