アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2010/11/3

中学校技術・家庭科研究授業がありました。  プロジェクト

10月29日(金) 小浜中学校で東海北陸地区 中学校技術・家庭科研究大会が開かれ、「生物育成に関する技術」の分科会でアマモキットづくりの研究授業が行われました。
2年3組小林先生の授業をダイビング部員たちがゲストティーチャーとしてサポート。
出前授業も結構慣れてきましたが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今日はすごい数の先生!!! 東海北陸大会なので、静岡・愛知・岐阜からの先生も興味深く見学されていました。技術の先生の集まりなので、男の先生ばっかりだったのがちょっと異様(?)

クリックすると元のサイズで表示します


場数を踏み、危なげのない堂々たる発表。本当にアマモとともに成長する生徒たちです。

クリックすると元のサイズで表示します



そんな生徒たちを見守るように、後ろに置かれた水槽ではアマモと海の仲間たち。
数日前の調査の時に、甲ヶ崎で採集したものなんだそうです。秋からの新芽が出たきれいなアマモです。

 

クリックすると元のサイズで表示します




中学生たちが種まきをした今年のアマモも、こんな風にすくすく育ってくれるといいですね。

それにしても、アマモを題材に新しい学習教材として作り上げてくださった高浜中の清水先生と小浜中の小林先生。見学させていただいたのは1時間だけでしたが、全体で12時間の授業時間を使うすごい内容です。「アマモもこんな風に進化するんだ」と感無量で見学を終えました。

 




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ