アマモマーメイドプロジェクトとは

「小浜湾を魚あふれる豊かな海に!」を合言葉に、小浜水産高校の生徒たちと市民が一緒になって2005年2月から進めている、小浜湾の環境回復に向けた取組みです。
このブログではプロジェクトの進捗状況と、それを支えるアマモサポーターズの活動を中心に紹介します。

2011/10/15

コウノトリが舞う里づくり大作戦に参加しました  

武生駅からバスで20分、白山地区に到着です。
ここでは、コウノトリのエサ場となるビオトープの整備や魚道の整備などの取組をされているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

「ほーここを上ってくるんや。」「でっかいタニシもおるなぁ」

会場の武生パレスホテルに戻って、開会式です。
基調講演は、兵庫県コウノトリ野生復帰推進連絡推進協議会会長
保田茂氏(神戸大学名誉教授)
クリックすると元のサイズで表示します
「なぜコウノトリを大切にするのか分かりますか?」
「コウノトリの取組をきっかけに、安全良質な食物作りなどを通して若者がやる気を発揮し、地域の再生を目指しているんです。」

日本の農村部の再生を熱く語っておられました。
明日からパンを控えてご飯を食べるようにしましょう。

いよいよポスターセッションです
今回はダイビングクラブ2年生3名と1年生1名が参加です。
最初はどきどきです。
クリックすると元のサイズで表示します

堂々と発表しています。

クリックすると元のサイズで表示します

先輩から活動をしっかり受け継いでいます。

クリックすると元のサイズで表示します


次は11月20日(日)のアマモサミットで発表の予定です。



2011/10/19  0:23

投稿者:hical

本当にみんな堂々としていました。日頃のしっかりした活動があるからですね。アマモサミットでの発表、楽しみです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ